忍者ブログ
書評・映画・コラムのサイト。本家ブログの転載も。
[20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10
2017.09.22 Friday
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012.07.31 Tuesday



ニコラス・ケイジのアカデミー主演男優賞受賞作。
「これで素面なの!?」と驚いてしまいます。
1995年作なのですが、大人になって見ると余計に胸に響くものが。
特にお酒飲みながら見たい。酒が進む進む。ウィスキー飲みながら氷の溶ける具合とともに見終わったらほろ酔いというのもいい。
今回やたら文章書くのが進むのは、私が酒好きだからです。

ニコラス・ケイジはアル中の役で、ラスベガスで酒を飲みまくり破滅一直線ですが、たまにふと見たくなります。
お酒の飲み方って人それぞれですが、わりと男性って孤独を胸に抱えながら飲むことって多くあるような気がします。
愚痴ってもしょうがないようなこと、いっぱい大人になると抱えますよね。
孤独な心の中に、いい女なんて現れたら口説きたくなる気持ち。
酔いながらまどろみに落ちていくような感覚。
誰かの柔らかな胸に抱かれながら。
男の憧れです。

お酒好きなら一度やってみたい。
好きな酒を満足するまで飲みたい。
アル中は映画見るとなりたくないなって思うこと間違いないですが博打と酒と女なんて三拍子揃っているじゃないですか。
私実はギャンブル苦手なので一切やらないんですけどね。

エリザベス・シューは娼婦の役ですが、こちらも孤独な道筋を辿ります。
「酒を飲むのを止めないでくれ」と頼む男に対し了承します。
風俗のお客でもいますが「話をして欲しい」という人が稀にいます。
性的な事は一切せず、お話だけして帰るのですね。
それだけ抱えきれないものや疎外感があって女の子に話を聞いてほしいというのは女の子のいる店ではよくあることなのですが風俗店でもあるというのは面白いですよね。
だいたい風俗嬢を店の外に連れ出したがるのはタダでできるから、という感情があったりしますが、ちゃんとニコラス・ケイジは存在を必要とし、エリザベス・シューも彼の存在を必要とします。

ニコラス・ケイジの場合はただ「居てくれ」でした。
居てくれるだけでいい、というのです。
家族にも見限られ、仕事も失い、アル中だしとなれば失うものなどあろうはずがないのですが、そこは人情。
寂しい気持ちってやっぱり抱くのですよね。
そこらへんの居酒屋にも酔っ払ったスケベなオヤジがいますけど、ひねくれたかまってちゃんであることは間違いありません。
女性から嫌われるのも織り込み済みなのでしょう。
寂しいんでしょうね。

救いようのない映画なのですけれど、この映画最初のあたりが「ん?」と思うところ。
インタビューされているような感じでエリザベス・シューが話し出します。
はて、誰に話しているのかは最後までわからないのですが、どうしようもない異性でも熱烈に惹かれあい心に残っているという経験のある人は「そういえば、あんなことが」なんて思い出深く浸ってしまうのではないでしょうか。
でも二度と関わりたくはないですけれどね。

救い難いお話を挿入歌が盛り上げてくれます。
お酒飲める人は好きなお酒片手に夜に観るのがお勧め。
アル中っぷりに引き込まれていきます。


拍手[0回]

PR
Comment
name
title
url
comment
pass
フリーエリア
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
光野朝風(ひかりのあさかぜ)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]